So-net無料ブログ作成

その9 一流企業がブラック企業じゃないと思ったら大間違いだ [ノウハウ]

電通に限らず一流企業であっても、ブラックな企業は未だに山ほどあります。
一流企業の最大の問題点は、人事部が機能していないということです。
多くの場合、昇進や昇格は部長の推薦で人事部が承認しますが、人事部は審査せず、ただ機械的にはんこを押すだけの人になっています。
つまり、実質の人事権は部長にあり、部(通常100名程度の規模)内の昇進は部長の匙加減ひとつになります。部長が独裁者であっても、人事部は気がつきません。部長は狡猾で対外的には良い人を演じるからです。
多くの会社は大声で部下に怒る部長を見て「熱心に指導している人」とみなし「パワハラ」とはみなしません。
労働組合は御用組合なので、駆け込み寺としては機能しません。
労働基準監督署にチクるのは怖くてできません。チクッた場合、誰がチクッたか詮索されるのが怖くて、場合によっては左遷されるからです。
電通の場合は、長時間残業が問題視されています。もちろんそれも悪いですが、根本原因は「パワハラ」です。新入社員でまだ1年に満たない社員がろくに企画書ができるわけありません。最低、3年経たないと1人立ちできるくらい、仕事を回せるようにはなりません。
この「パワハラ」がまだまだ横行しています。多くの企業が、上で述べた
  「熱心に指導している人」と「パワハラ」の区別がついてないからです。
これはパワハラをしている本人も気づいていないし、その上司も気が付いていません。
これにより、企業では大量のうつ病患者を抱ええているのが現状です。
悲しいかな、これが企業の現実。
中小企業はもっと悪い状況のところもあります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:求人・転職

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。